たかひろが考えて、考えて、考える!

青山繁晴さんの独立講演会で出会った方々に心を動かされて始めたブログです。 みんなで青山さんと一緒に考えて、考えて、考えましょう!

www.youtube.com

 

青山さんが最近の発信でよく紹介されている米軍の爆弾「B61」の実験映像です。

これは青山さんの仰るB61-11ではなくB61-12ですが、調べてみても違いがいまいち分かりませんでした。

B61と言っても派生型が色々とあるようですが小型の核爆弾という点は共通のようで、1960年代から配備が始められて、改良を重ねつつ生産された総数は3000発を越えるそうです。

www.youtube.com

地中貫通弾とのことですが、二本目の動画を見ていたたけばその様子がよくわかります。

このまま地下で炸裂して、目標が例えば金正恩委員長のシェルターであれば、地上への影響は小さくしながら、木っ端みじんに破壊することが出来るのでしょう。

 それにしてもこの小ささです。

修学旅行で長崎に行ったときに実物大の原爆「ファットマン」の模型を見ましたが、名前の通りの太く大きいそれでも信じがたい小ささだと思ったんです。

その数メートルの塊で数万の人々が無残に殺され、町が荒野と化すのですから。

しかしながら、この小ささ。

核爆弾の小型が進むのは当り前ですが、実際の映像でみると、その小ささに驚かされます。あの細く尖った戦闘機が軽々と抱えて空に昇って行く姿を見て、あれが核爆弾だとは信じられません。

小さいからこそ余計に恐ろしく感じます。

生物兵器VXガス中性子爆弾、、と恐ろしいものばかりです。

そのいずれも人類が自分で生み出したものですから余計に恐ろしい。

 こんな殺戮兵器に溢れた世の中において、隣のテロ国家から目の前にミサイルを撃ち込まれる瞬間に、ひとつの学校での事件で国会が持ち切りになっている国がどこにあるでしょうか。

国会中継もたまには見ようとして見ますが、とても見ていられません。

あんなに見ていてストレスなることなんてなかなか無いですよ。

 そろそろ、ぼくらの手で変えていかなければなりませんね。

f:id:takahiro1108a:20170401220411j:plain

申し上げたいこと

 ぼくのブログにはありえない数にアクセス数が跳ね上がっていたので、何の騒ぎかと調べてみると、どうもツイッターのようです。

アクセス先はこのブログで以前投稿した「青山繁晴現代アートに挑戦する展」の記事で、ツイッターで「青山繁晴を許さない市民の会」‏ として活動されている方の投稿が切っ掛けのようです。

 別に青山さんの事をどんな理由で批判しようと自由ですし、ぼくのブログから何を引用されてもネットにアップしている以上は何の文句もいいません。しかし、ひとつだけ申し上げたい事があります。

それだけの発信を続けるエネルギーがあるなら、自分から何か行動してみてはいかがでしょうか。

青山さんの事にしても、社会全体にしてもそんなに文句がおありなら、自分から、例えば青山さんのような発信をなさればいいと思うのです。

あなたはそのようにツイッターを使いこなしてらっしゃるのですから、youtubeに動画を上げることくらい朝飯前ですよね。なんなら、国会に出馬されるという選択肢もありますよ。

 ぼくがあなたに申し上げたいのは、

「人の足を引っ張っている暇があったら自分でやれ」

と、それだけです。

青山さんの文句を並べていて何か変わりますか?青山さんが変わりますか?青山さんの話に共感される方々が変わりますか?

そんなに他人への批判たっぷりのあなたのご意見をぜひ聞いてみたいですから、ぜひ「ご自分のご意見」を発信して下さい。

すると、あなたは押し寄せる反論の数々のすべてを受け入れる、あるいは時間をかけて丁寧な回答で一日を潰すんですよね。その覚悟があるから、そんな活動ができるんですよね。

 おそらく、学生のぼくはあなたよりずっと年下なので、こんなことを申し上げるのは偉そうになるのかもしれませんが、自ら現場を歩かず、他人の批判のための材料をネットの向こうの誰かの投稿をかき集め、それを我が物顔で垂れ流すあなたに誰が付いてきますか。

青山さんに面と向かって腹から文句をいえるんですね。批判している事案に説得力のある対案を示して、ぼくらの参考となる存在になってくださいますか。

できないなら、即刻やめるべきです。

 

 それと、ひとつ勘違いなさっているのかもしれませんが、わざわざ青山さんの講演会を聞きに行く方の中でも、青山さんと真向意見の違う点がある方をぼくは沢山知っています。

それでも、ときには皆さんが高いお金、貴重な時間を使って青山さんの話に聞き入る理由を一度考えてみて下さい。

 

 国会で本来必要な議論を出来ない議員のみなさんにも同じようなことを言いたいです。

日本海側と太平洋側の架け橋

 神戸新聞のネット版でこんな記事を見つけました。

www.kobe-np.co.jp

 青山さんの発信の内容が、ほとんどそのまま記事になっています。

私心を脱せない人々からの妨害に続く妨害に負けず、青山さんがただただ国益のために提案し続け、個人借金まで抱えてきたことが、地方紙ではあってもようやく新聞の記事になり始めました。

記事の後半には、メタンハイドレートという言葉がはっきり書かれ、表層型と砂層型の違いまで解説されています。

この「北近畿エネルギーセキュリティ・インフラ整備研究会」という組織ですが、調べてみると青山さんも委員を務めてらっしゃるようで、こちらで発言されたことが記事になったのだと思います。

兵庫県京都府の合同会議のようで、日本海連合も含めた県レベルの動きが徐々に加速しているのを感じますし、やがては国の大きな動きにも繋がるでしょう。

過疎に苦しむ日本海舞鶴から、世界最優秀のガス管網に繋がる三田までパイプラインが通せればメタンハイドレートの炎がぼくらの家にも届きます。記事にある通り、高速道路沿いにパイプラインを通せれば費用も抑えられます。

 青山さんが国会議員になって一番成果が出始めているというメタンハイドレート

まだまだ課題は山積みですが、確実に自前資源の実用化への歩みが進んでいて嬉しいニュースでした。

 記者さんの中にも、日本にはやっぱり良心派の方がいらっしゃるんですね。

f:id:takahiro1108a:20170328235651j:plain

独立講演会

 9日の独立講演会には参加できます。

ほとんど半年ぶりになってしまいました。

f:id:takahiro1108a:20170327132320j:plain

床の優しいぬくもり

 前々から欲しかった、脚を折りたためるタイプの背の低い机を祖父に買ってもらいました。

木のぬくもりを感じられる質感に加えて、教科書を並べるにも、パソコンをいじるにも、工作をするにも大きすぎず小さすぎない広さで、すごく気に入っています。

何よりも地べたの冷たくも温かい感触を感じながら、正座やあぐら、時には足を延ばしてみたり、その体勢の移り変えも、とっても気持ちが良いのです。

やっぱり日本人やなー、と思うこの瞬間です。

f:id:takahiro1108a:20170320005957j:plain