たかひろが考えて、考えて、考える!

青山繁晴さんの独立講演会で出会った方々に心を動かされて始めたブログです。 みんなで青山さんと一緒に考えて、考えて、考えましょう!

楽しんでくれますように

祖父母宅に集合しているいとこたち。 しかし、遊ぶことが少なそう。 受験生であるからして、日中は相手もしてあげられない。 ゲームばっかりしているので、明日はぼくの小中学生だったころの遊びを体験してもらおうと、「ゲルマラジオ」「FMワイヤレスマイク…

魔法の箱

「あのおばあちゃん、どないしてるかな」 通っていた小学校の近く、細い公道沿いの小さな古い家。 道の端ぎりぎりに高い塀があって、小さな庭から紅葉の枝が勢いよく飛び出してきている。 白線すれすれに、いや、白線をはみ出しているものもあった気がする。…

受験勉強の夏

2018/08/05 受験生の夏休み 宝塚でのお祝い会に招かれ、おいしい天ぷらの後にお参りしたのが聖天さん。 なんだか、学校の校外学習のようです。 手入れの行き届いた墓地は、今にも飛んでいきそうな零戦に見守られています。 真夏の青空を背にする零戦…

今年も見事に咲いてくれました

避難勧告も

避難勧告の知らせに携帯が鳴り響いています。 河川敷も沈んでしまって、ここまでの増水するのは久しぶりです。 心配です。 左右の河川敷はすべて水没。 JRの鉄橋も橋脚ぎりぎり一杯まで水がきています。 先人たちは治水に努めてきました。

新聞なんていらない。肝心なことが載ってない。

やっぱり見る気が起こらない国会ではいけないと思う。 夕飯を食べているときにその日の国会の、メディアが切り取った部分が流れていた。 母に 「これやったらお母さんが議員したほうがよっぽどましちゃう?」 もちろん冗談で言うと、めっちゃ怒られた。 「ま…

現実

緊急の全校集会が開かれた。 1年生の後輩が亡くなった。 何の関わりもないし、顔を見たことがあるのかすらわからない。 黙祷の間、女の子のすすり泣く声が漏れていた。 1年生だけ体育館に残され、2,3年生は教室に戻るよう指示された。 1年生の残るなか、体…

ものごとの順番

関わりのなかった先生の英語の授業を始めて受けたこと。 友人に教わりながら試験問題を解いたこと。 こんなこともわからなかっていなかったのだから、そりゃあ何をやってもわからないはずです。 バケツの底に大穴が開いていたのです。 三平方の定理もわかっ…

なぜ人はため息を吐くのだろうか

自分のため息に気が付いて慌てて吸いなおすということが一日に数十回起きている状況に気づいたのでした。 ため息で幸せが逃げていくよ、なんてよく言われたことを思い出します。 小学生のころだったでしょうか。 それ以来、ため息を吸い込みなおす癖が付いて…

思いやり

模試で土日は潰れてしまって、課題も積もっています。 深夜に父が珍しくお皿に何か盛って、部屋に来ました。 見るとそこには短冊切りにした山芋が並んでいます。 醤油と山葵でお刺身のようにしていただくと、シャキシャキした触感とともに山芋の素朴な甘みが…

変な夢

久しぶりにゆっくり寝られた土曜日。夢なんて久しぶり。 級友のGくん。彼は俗にいう「変態」である。そちらの世界の魅力を普段から熱く語る彼が、久方ぶりに見た夢に出没した。自宅近くの河原に似ていて、しかし不思議な色合いの草原で彼と話している。どう…

止まっていたら死んでしまう

マグロは泳ぐのをやめると死んでしまうそうですが、受験勉強なんてものをしていなければぼくも壊れていただろうと最近思います。 いえ、勉強なんかよりよっぽど苦しい別のものの方が多い。 でも、例えばそこで学校に行くのをやめてしまったり、あるいは嫌な…

余裕

余裕がないから本来の自分が現れるのか。 余力があるから本来の自分を発揮できるのか。 追い込まれることでわかる「自分」も沢山あります。

中間

ただいま中間試験真っただ中です。 推薦入試を使うことになるかもしれないので、この一学期の間は定期試験にも手は抜けません。

逆に

よって点Pは楕円(x-2)²/4+y²/12=1上にある 逆に楕円上のすべての点は条件を満たす どうしても、この「逆に」の使い方に違和感を感じてしまいます。 そこから、「日常会話で「逆に」をおかしな用法で使ってしまうことって多いよな~」と考え始めてしまいます…

ASUS

ASUSTeK Computerという台湾の会社があります。 ぼくの使っているパソコンもこのメーカーのものです。 東日本大震災後にこのメーカーが出荷したパソコンの中にはこんな文字が刻印されていたそうです。 「GOD BLESS JAPAN」 日本に神のご加護を。 パソコンの…

時間ってなんやねん

時間というのは、期待するほど多くもなく、恐れるほど少なくもないのではないでしょうか。 現代文の問題集に、時間は本来は流れ続けるものでしかないが、人間は暦や時刻を生み出すによって時間を重ねていくものにするようになったというような内容がありまし…

その道の人

プロの技をじっと見ていると、ひとつひとつの行動に意味があって、それに気がつく度に感動が広がって、気が付くと自分の表情も明るくなっています。

どんなことも

早く知っていて損はない。

禁止

小さい頃、「禁止」という熟語がすごく怖かったことを思い出した。 意味はよくわかっていなかったと思うのだけれど、この二文字を目にすると近づくのがためらわれた。 漢字や、その組み合わせというのは思っているよりも強力な力を持っているのかもしれない。

草の道

やればやるほど、受験勉強に向いていない人間であると痛感。 しかし、大地に根を無数に広げる大木のような生き方もあれば、僅か数ミリのコンクリートの隙間で生きる草の道もあるのだ。 その草は、踏まれても、雨が降ってくれなくても、毎年必ず芽を出すのだ。…

数学Ⅲ

数学、いよいよ本格的にわからなくなってきた。困った。

成し遂げるために

人のついてくる人は、人に見せない努力もしている。

阪急電車

友達が貸してくれた小説。 好物を少しずつ食べるように読んでいたのだが、残り少なくなると夜更かしして一気に読んでしまった。 阪急の今津線を舞台にした有川浩さんの「阪急電車」という一冊だ。 とある機会に乗ったことがあるのでイメージは湧きやすいだが…

春だよ

つぼみが膨らんできたかと思うと、あっという間に開いてしまいました。 行き詰っていた数学を中断して、カメラ片手に散歩してきました。

陽気

時間の合間を縫って進めていた草木の植え替え作業ですが、なんとか完了しつつあります。 写真はカサブランカが芽を出したところです。 丁寧に植え替えた植物が順に新芽を開いていく姿には、他では得難い感動があります。 とはいえ、まだ手の入っていない鉢植…

緩急

半日授業の間は少しペースを緩めていましたが、今日の終業式が終わってすぐ、元に戻りました。 本気で取り組むと何事も一瞬です。時の流れが全く変わってしまうことに驚きます。 それに気がつくのは、今そうしているように一日の終わりに何もせずにただ思い…

季節の変わり目

この時期の雨には妙な冷たさを感じます。 しばしの日和に油断してマフラーにも手袋にも休暇に入っていただいたところ、雨が続いて、しかも冷たい風の強いこと。 真冬の寒さとはまた違った寒さです。 その一方で、家の中は弟の高校受験でなんとなく重い雰囲気…

道端でも

春ももうそこまで来ているようだけれど、やっぱりまだまだ寒いですね。 寒に耐えつつ花を咲かせるのは梅だけではありません。 さて、いよいよ本格的な受験勉強の日々に突入していきます。

風邪

ただいま試験期間中です。 油断した頃に風邪です。