読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかひろが考えて、考えて、考える!

青山繁晴さんの独立講演会で出会った方々に心を動かされて始めたブログです。 みんなで青山さんと一緒に考えて、考えて、考えましょう!

ここから

 中間試験に向けて、勉強一色の日々が過ぎていきます。

放課後に二、三時間絵を描いてから帰るのが平日のぼくの一日です。

試験があるので、おそらく十月は部活ができる日が限られてしまいます。

筆が遅いので、展覧会に出す絵は毎回締め切りに追われることになります。

f:id:takahiro1108a:20161009010308j:plain

ガラケーの写真なので画質が悪いです。

ここから顔の細部や細かい質感の仕上げに入って行きます。

写真ではカーテンが閉まっていましたが、勝手に開け、なぜか海が広がっています。

そこに浮かぶのは白と赤の船。

海を背景にしたわけは、タイトルを見ていただければわかります。

テーマはただ一点、タイトルそのものです。

 

 全体に、ぼやっとしていて、構図も平べったい。

古い西洋画の雰囲気を感じるのは、ぼくだけでしょうか。

すごく古典的な絵になったと思います。

このようなタイプの絵を描いたのは初めてです。

まず、人物が苦手で、風景しか描いたことがありませんでしたから。