たかひろが考えて、考えて、考える!

青山繁晴さんの独立講演会で出会った方々に心を動かされて始めたブログです。 みんなで青山さんと一緒に考えて、考えて、考えましょう!

止まっていたら死んでしまう

 マグロは泳ぐのをやめると死んでしまうそうですが、受験勉強なんてものをしていなければぼくも壊れていただろうと最近思います。

いえ、勉強なんかよりよっぽど苦しい別のものの方が多い。

でも、例えばそこで学校に行くのをやめてしまったり、あるいは嫌なことから逃避していれば、とうに自分は崩壊していただろうと思うのです。

悩みから逃れるには⋯とよく言うけれど、逃れる方法なんてなくて、誤魔化す方法に目の前のことに一生懸命になるということがあるだけなのかもしれません。

そうしているうちに上手い方法も見つかるかもしれません。

それは今ならば受験勉強かもしれないし、社会に出ればもっともっと重いものに立ち向かうのでしょう。

することがないよりは、忙しさのなかにあった方が楽に生きられる。

 嫌なこと全てから逃れられた人生って、一番苦しいのかもしれません。

楽しい事と対照になるのものがあるから、そもそもそれを「楽しい」と感じるのではないか。つまり、「死ぬ」があるから「生きる」があるのと同様に「苦しい」「辛い」があるから「楽しい」があるのではないか。数が正の数しかないなら「-」を数字の前に書く必要もない。

そんなことでも考えていないと自分が持ちません。

f:id:takahiro1108a:20180603030100j:plain