たかひろが考えて、考えて、考える!

青山繁晴さんの独立講演会で出会った方々に心を動かされて始めたブログです。 みんなで青山さんと一緒に考えて、考えて、考えましょう!

修学旅行

 3泊4日の修学旅行に行っていました。

10時頃の予定だったのが、帰宅したのは深夜1時前。

というのも、例の関東の大雪によって、羽田での乗り継ぎで大幅に遅れが発生して機内で待つ時間が続きました。

機体に積もった雪を落とすのに時間が掛かり、滑走路が一杯でなかなか飛びません。

空港全体がパンク状態でした。

そんななかで全力で対応にあたるあらゆる職種の方々の動きを見ていると、本当に凄い国だと改めて感動します。

f:id:takahiro1108a:20180123204722j:plain

f:id:takahiro1108a:20180123204736j:plain

f:id:takahiro1108a:20180123204749j:plain

 行きは天気もよかったのですが、青山さんのANAの職員の皆さんを絶賛なさるのに納得しました。

持ち場の完了した方から順に整列し、笑顔で手を振って送り出してくださるのをずっと見ていて、そのキラキラした表情に、「ああ、これでもう帰ってもいいや~」と思ってしまった程です。

そして、到着した時には修学旅行生に向けて、人生一度きりの修学旅行を大切に楽しんでくださいとのアナウンス。

こんな素敵な仕事があるんだなぁ。

何事も、聞くのも大事だけれど、実際に経験してみると全く違うものですね。

f:id:takahiro1108a:20180123211325j:plain

f:id:takahiro1108a:20180123211530j:plain

f:id:takahiro1108a:20180123211349j:plain

f:id:takahiro1108a:20180123211406j:plain

f:id:takahiro1108a:20180123211415j:plain

 札幌で少しの自由時間を過ごした後、宿泊地の留寿都に向かいました。

目の前にゲレンデの広がるホテルで、真っ白な雪景色に見とれていました。

雪国の方にはなんともない風景なのかもしれませんが、ほとんど雪の降らない土地で育ったので雪景色には憧れがあります。

 旅行のメインである二日間のスキー実習もここで行ないました。

レベルごとに10人ほどの班に分かれて、それぞれにインストラクターの方がついて指導してくださいます。

全くスキーの経験はなかったので、同じく未経験の生徒で班ができるのですが、みんな優しい子ばかりで、担当のインストラクターの方も優しく、上手くいったり苦戦しながらも楽しかったです。

別の山へ向かうゴンドラの中で沈黙が続くので、池田さんと長谷川先生が下さったコメントを思い出して思い切ってインストラクターの先生に質問してみました。

その先生は見た感じ50代くらいの体格のいい、でも優しい顔の北海道の男性でした。

ずっとこの仕事をなさっているんですか、と聞いてみると、かなり経験のある方のようです。

夏の間は土建屋をしていて、冬になるとスキーの指導をなさっているそうな。

例年は栗山監督のお住まいになっている栗山町で仕事をしているそうなのですが、今年はスキーの大きな大会(世界大会か全国大会)が開催されるとのことで、なにか得られるものがあるのではないかと留寿都に来られたそうです。

そしてしばらく話を続けているとスキーの話に戻って、どのような方針で教えているかということを教えくださいました。

他の先生の中にはただなんとなく楽しく滑らせたらいいという先生もいるのだけれど、ぼくは滑って帰らせるつもりはない。滑れるようにして帰らせる。次スキーに行く機会があったときに少しでも滑れるようになっているように。次に繋がるようにしてほしい。

そんなことを仰いました。

優しい物言いで常に穏やかな人柄なのだけれど、練習内容がかなりハイペースなのにはそんなわけがあったのです。

たった二日間の実習にそこまで本気になって教えてくださっているということに感動していました。

 例の化学の先生も、もし北海道に行って道に迷えば、スマホもいいけれど、人に聞いてみるということも考えてみてください。もしかすると、美味しいものが安くなったりタダになったり、ということがあるかもしれません、と言っていました。

掌にのる四角い板でなにもかもが一瞬にしてわかるようになったような気がしますが、実際には多くのことが見えなくなっているのかもしれません。

例えば、飛行機に乗ると多くの同級生がスマホを取り出し、イヤホンを着けてしまうものだから外で何が起こっているのかもわかりません。

CAや機長のアナウンスも全く聞こえていません。

おまけにイヤホンをつけたまま隣の子と話すものだから、その大声で何も聞こえません。

ぼくは飛行機が大好きなのでルンルンですが、寝ようとしている子や、前の席に座る仕事帰りと思しきおじさんが目に入らないのかなと思いつつ、「普通の人も乗ってはるんやし、ちょっと音量だけ落とそうよ」なんて言ってみても、そのときは聞いてくれますが、周りがうるさくなるとそれに合わせてもとに戻ってしまいます。

しかも、みんながどんなことをしているのだろうとスマホの画面を見てみるのですが、みんな同じようなゲーム。

なんだか、広くなったようですごく世界が狭くなっていると感じてしまいました。

外に関心がなくなっていき、していることもみんな似通っているということに、非常に危ういものを感じます。

そんな中で、スキーの先生、二日間とも優しく声を掛けてくれた食堂のおばさん、気さくに話しかけてくれるおじさん。

北海道って、ものすごーく寒いけれど、心の温かい方がすごく多かったです。

心が潤いました。

 スキーのリフトで話したクラスメイトのリーダーシップや志に改めて感銘を受けたり、普段あまり話さない子の意外な優しい一面を見つけたり、ある生徒の余りに身勝手な行動に呆れたり、仏の笑顔でドキツイひと言を放つ姿に腹を抱えて笑ってしまったり、北海道まで行って他校に進学した中学の同級生に会って盛り上がったり。

先生にも、改めて関心することもあれば、いつも偉そうに威厳たっぷりに言っていることと自身の行動が全く矛盾していたり。怒ってばかりいるけれど、その先生にしてその生徒ありじゃないか、なんて思ってしまうところがあったり。

あれだけ長い時間一緒にいることは無いので、先生や同級生の普段見えない面が、良くも悪くも浮き彫りになって面白かったです。

これがちょっと棘のある現在の僕の感想です。数十年先に読むとどう思うのでしょうか。

 とにかく、北海道は本当にいいところでした。楽しかったです。

f:id:takahiro1108a:20180124080702j:plain

f:id:takahiro1108a:20180124080700j:plain

f:id:takahiro1108a:20180124080704j:plain

ブログを更新する暇もなかったけれど

 朝、家を出ると一面真っ白でびっくり。

雪ではなくて、霧です。

学校に着くころには髪の毛も服も鞄もビショビショでした。

普段なんとも思わずに通る道、見ている風景でも霧に包まれると全く違うものになって、不思議な感覚でした。

霧に埋まった世界にいるときには、それにぴったりな表現が浮かんできたのだけれど、忘れてしまいました。

 明日からは修学旅行で北海道です。

f:id:takahiro1108a:20180118223253j:plain

発見

 もう朝も近いですが、池田さんのブログ記事と北原先生に頂いたZ旗に気合いを入れてもらって、我も忘れて試験勉強をしていました。

前日の詰め込みの中に少し発見がありました。

f:id:takahiro1108a:20180109040245j:plain

寄り添ってくれる温もり

  マンションには強力すぎる石油ストーブ。

中学生の頃に、なんだかかっこよく思えて買ったものです。

どんどん家じゅうが暖まってくるものですから、家族から苦情が出るのですが、程々に点けています。

 灯油が切れたときに上を覆う部分を外してみると、中のしっかりした造りに驚きました。

ダイヤルを回すと芯がカチカチと気持ちのいい音を立てて上がってくる機構、それに連動した消火のノブ、地震の際に働く自動消火装置。

それらの機構が見事にすっきりと配置されているのには脱帽です。

これによって素人でも芯を替えられるし、ある程度の手入れは出来ます。余計な造りがないので故障も少ないでしょう。

これが出来上がるまでに何人の技術者のどれ程の時間がかけられたのだろうと考えながら灯油を補給していました。

 電気を使わずに暖を取れますし、調理まで出来ますから、緊急時に役立つのではないでしょうか。

ファンヒーターは効率もいいですし、使いやすいですが、電気がないとただの四角い箱です。

あらゆるものの動力が電気に置き換わっていきますが、アナログなものも少しは残しておくのもアリかもしれません。

なにより、造りや見た目が温かいです。

 このオレンジの光に励まされながら課題に追われています。

もうちょっと減らしてくれたら自分のしたい勉強ができるのに、とブツブツ言いながら。

f:id:takahiro1108a:20180108115857j:plain

わかりやすいことだけがよいことなのか

 文章が書ける人は思っているより多いのだけれど、それをすっきり短く完成させてしまうのはなかなかの職人だと思いました。

年末年始の写真の整理をしたのですが、どうにも沢山残してしまいます。

余分なところを切ってこそ、本来目指していたものに価値が生まれるのだとは思いつつ、やっぱり切るということは難しいですね。

芸術というものすら説明的になり続けているのですから、世の中全体がそんな傾向になっているのかもしれません。

それが良いことなのか悪い事なのかといっても、良し悪しで測れるような代物ではないと思います。

 

 こちらは祖父母宅に勢揃いして頂くおせち料理です。

祖母のこだわりが詰まっています。

f:id:takahiro1108a:20180103223429j:plain

あけましておめでとうございます

f:id:takahiro1108a:20171230133256j:plain

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくおねがいします。

 

小さないとこが来ていて、賑やかな年末年始を過ごしています。

物が多すぎて凄まじかった部屋を大掃除すると、部屋の本来の大きさに驚きました。

完全に容量オーバーでした。

でも、厳しく物を選別して捨てていくのは辛いです。苦渋の決断の連続です。

 

朝ナマが横で掛かっています。

勉強になることもありますし(自分と意見が同じという意味では全くないです)、面白いな、なるほどーと思うこともあります。(決してその意見が好きなわけでないです)。

ただ、鳥籠の中に詰め込まれているように見えます。

この手のことに限らず、最近いろいろな場面ですごく感じます。

 

いとこに付き合って、苦手なゲームにトライしていますが、隣でピコピコと凄まじいスピードでボタンやスティックを操るのが神業にみえてきます。

こりゃーにんげんのすることじゃないべー。

 

学校の勉強に一切触れない一日にすごく違和感がありますが、それよりもそんな自分に驚きます。

やっぱり、あまり受験勉強に向いているタイプではないなとは思いつつ、勉強の一年になる年にどう立ち向かうか考えています。

これでも、一年二年前の自分を思い出すと、随分成長したものだと思います。

沢山の人たちとの出会いによってだと思います。

 

今年も一生懸命に過ごしたいです。