たかひろが考えて、考えて、考える!

青山繁晴さんの独立講演会で出会った方々に心を動かされて始めたブログです。 みんなで青山さんと一緒に考えて、考えて、考えましょう!

なぜ人はため息を吐くのだろうか

 自分のため息に気が付いて慌てて吸いなおすということが一日に数十回起きている状況に気づいたのでした。

ため息で幸せが逃げていくよ、なんてよく言われたことを思い出します。

小学生のころだったでしょうか。

それ以来、ため息を吸い込みなおす癖が付いてしまっています。

f:id:takahiro1108a:20180619232210j:plain

思いやり

 模試で土日は潰れてしまって、課題も積もっています。

深夜に父が珍しくお皿に何か盛って、部屋に来ました。

見るとそこには短冊切りにした山芋が並んでいます。

醤油と山葵でお刺身のようにしていただくと、シャキシャキした触感とともに山芋の素朴な甘みが口に広がって、思わず箸が止まりません。

その優しい味に元気をもらって、もう少し頑張って、明日を明るく迎えられそうです。

f:id:takahiro1108a:20180610010807j:plain

変な夢

久しぶりにゆっくり寝られた土曜日。夢なんて久しぶり。

 

 級友のGくん。彼は俗にいう「変態」である。
そちらの世界の魅力を普段から熱く語る彼が、久方ぶりに見た夢に出没した。
自宅近くの河原に似ていて、しかし不思議な色合いの草原で彼と話している。
どうにも、彼は婚約したそうだ。
小説にでもなりそうな純粋な出会いの過程を踏んだ美人のお相手と婚約したことになっている。
ぼくは彼からそのときに何故か預かった婚約相手へのプレゼントをなくしてしまう。
彼と必死に探してみるが見つからない。
彼は「気にしなくていいよ。諦めよう」と言ってくれるが、ぼくはもう少し探させてくれと言って探していた。
すると突如現れた婚約相手に彼が別れを告げられてしまう。
「ごめんなさい」の言葉と共に去っていく婚約相手。言葉も出ない彼。それを呆然と見るしかないぼく。
 久しぶりに夢を見たと思うと、その不思議な展開に、これも呆然とするしかない。
このことを彼に話すと、少し落ち込んだ後、
「まぁ、俺の人生にも出会いはあるということやな。よかったよかった。」
と笑って聞いてくれた。
いいヤツである。

f:id:takahiro1108a:20180330111104j:plain

 

止まっていたら死んでしまう

 マグロは泳ぐのをやめると死んでしまうそうですが、受験勉強なんてものをしていなければぼくも壊れていただろうと最近思います。

いえ、勉強なんかよりよっぽど苦しい別のものの方が多い。

でも、例えばそこで学校に行くのをやめてしまったり、あるいは嫌なことから逃避していれば、とうに自分は崩壊していただろうと思うのです。

悩みから逃れるには⋯とよく言うけれど、逃れる方法なんてなくて、誤魔化す方法に目の前のことに一生懸命になるということがあるだけなのかもしれません。

そうしているうちに上手い方法も見つかるかもしれません。

それは今ならば受験勉強かもしれないし、社会に出ればもっともっと重いものに立ち向かうのでしょう。

することがないよりは、忙しさのなかにあった方が楽に生きられる。

 嫌なこと全てから逃れられた人生って、一番苦しいのかもしれません。

楽しい事と対照になるのものがあるから、そもそもそれを「楽しい」と感じるのではないか。つまり、「死ぬ」があるから「生きる」があるのと同様に「苦しい」「辛い」があるから「楽しい」があるのではないか。数が正の数しかないなら「-」を数字の前に書く必要もない。

そんなことでも考えていないと自分が持ちません。

f:id:takahiro1108a:20180603030100j:plain

余裕

 余裕がないから本来の自分が現れるのか。

余力があるから本来の自分を発揮できるのか。

 

追い込まれることでわかる「自分」も沢山あります。

中間

 ただいま中間試験真っただ中です。

推薦入試を使うことになるかもしれないので、この一学期の間は定期試験にも手は抜けません。

f:id:takahiro1108a:20180330111225j:plain

 

逆に

よって点Pは楕円(x-2)²/4+y²/12=1上にある

逆に楕円上のすべての点は条件を満たす

 

 どうしても、この「逆に」の使い方に違和感を感じてしまいます。

そこから、「日常会話で「逆に」をおかしな用法で使ってしまうことって多いよな~」と考え始めてしまいます。

さらに、自分の普段の語彙力の崩壊に危惧を感じ始めます。

せっかくの豊かな日本語を使いこなせる大人にならねばと、迫られるように感じた瞬間がありました。

f:id:takahiro1108a:20180330111325j:plain